2019年11月10日

川添象郎プロデューサーから「ブータン料理」を売るツボ&思考態度を学ぶの巻

例えば、「中華料理」屋と「ブータン料理」屋とでは、開業の成功率は相当違う。
なぜか。
マーケットの周知、オーソライズ(≒市民権獲得)率に相当の開きがあるからである。
日本人の多くは、「中華料理」なら、味はともかく、どんなメニューにありつけるか、いかほど満足できるか予め察しがつくが、「ブータン料理」だと、味もメニューも察しがつかないからである。
しかして、「ブータン料理」屋を開業するなら、「中華料理」屋とひと味もふた味も異なる開業戦略が必要である。

YMO(Yellow Magic Orchestra/イエロー・マジック・オーケストラ)という音楽コンテンツ(商品)はかつて「ブータン料理」であった。
なぜか。
YMOの音楽は「テクノポップ」と言われ、現状マーケットも確立されているが、リーダーの細野晴臣が命名した(と言われる)この呼び名も、音楽カテゴリーも、かつては音楽リスナーに周知、オーソライズされていなかったからである。
「テクノポップ」の開祖がYMOかクラフトワークかの「歴史的真偽」(笑)はさておき。

YMOはいかに売れ、成功したのか。
近因が[海外公演の成功→日本逆輸入]なのは周知だが、なぜ海外公演は成功したのか。
なぜYMOの演奏、音楽は海の向こうでウケたのか
当時の既存音楽評価脳では理解困難、かつ、そもそもリスナーに周知、オーソライズされていなかった、マーケットそのものがほぼ無かった、新しく、正にユニークなコンテンツだったにもかかわらず。

「川添さんなくしては、YMOの成功はなかった。そう言い切れますよ」。
過日、YMOの発想源の細野晴臣は、自分のラジオ番組「Daisy Holiday!」(←「祝!細野晴臣 音楽活動50周年 × 恵比寿ガーデンプレイス25周年『細野さん みんな集まりました!』」の公開収録)でこう断言した。



細野の言う「川添さん」とは川添象郎であり、川添は当時YMOのプロデューサーである。
細野は、当時の川添の各種取組を「裏工作」と評し(笑)、挙句、こう断言したのである。

「裏工作」とは、内容をかんがみるに言い得て妙だが(笑)、川添の各種「プロデュース」が、当時「ブータン料理」のYMOの演奏、音楽をリスナーに周知、オーソライズさせる「戦略は細部に宿る」を地で行くツボを抑えた著効解であったのは確かである。
中でも、川添の弁による以下の事例の赤線箇所は、その極み(?・笑)と言っても過言ではない。
プロデューサー、それもとりわけ「マーケットに周知、オーソライズされていない商品を売らんとする」プロデューサーのあるべき思考態度について学ぶ所が多い。  続きを読む

Posted by masterhori at 14:34Comments(0)clip!店員雑感 | 報道雑感

2019年10月08日

林葉直子の存命報道に驚き、安堵し、考えさせられるの巻

林葉直子の報道を久しぶりに目にした。
林葉は余命宣告を受けるも、記事曰く、何とまだ存命である。
私は驚き、安堵し、また、考えさせられた。


林葉は確かに馬鹿だが、本当はやはり天才なのだろう。
なぜか。
「馬鹿は死んでもなおらない」からである。
林葉が本当に馬鹿なら、とうに死んでいるはずだからである。
林葉はまだ死んでおらず、その根因と思しき「改心」を、「最近は、何もしてないのに生きてるのはありがたいと思うようになった」と、旧友に明るく語っているからである。  続きを読む

Posted by masterhori at 13:58Comments(2)clip!報道雑感 | 人間雑感

2019年10月05日

「ベテラン」小林健二九段の第60期王位戦第六局の「解説」に大満足するの巻

私は近年、将棋棋戦をめっきりスルーするようになった。
観戦(ニコ生視聴)するのは、ゴルフで言う「メジャー」の、所謂「タイトル戦」だけになった。
前者の近因は、所謂(?)「三浦弘行九段スマホカンニング濡れ衣事件」における日本将棋連盟の残念な幕引きで、後者の根因は将棋と棋士への変わらぬ関心と畏敬である。
しかして、昨日、周回遅れ甚だしく(笑)、豊島将之王位へ木村一基九段が挑戦する第60期王位戦第六局を観戦し終えたのだが、小林健二九段の「解説」が予想外に素晴らしく、久しぶりに大満足した。


小林は昭和22年生まれ、自身曰く「下から三番目」の現役最古参棋士である。
棋士は通例、40歳辺りから「ベテラン」と言われる。
将棋は「頭脳の格闘技」であり、プロの世界は完全実力主義である。
当然、「ベテラン」は一般の会社員と同様、凡そ「頭脳」、とりわけ「『読み』の深さ&正確さ」、「集中力」、「情報収集力」、「記憶力」、「根気」で「若手」に負けるが、ハンデはない。
シンプルに「今勝った者が偉い」という、フェアかつ弱肉強食の世界である。
森下卓九段は実体験をもとに「棋士23歳最強説」を唱えるが、こうした苛烈な世界で「ベテラン」が「盛りを過ぎている」、「トーナメントプロとしては終わっている」のは凡そ事実である。
しかして、私は小林の近年の対局棋譜を観ていないが、還暦を過ぎた小林も「トーナメントプロとしては終わっている」に違いない。
そして、他の「ベテラン」と同様、「レッスンプロ」として勤しむ、即ち、「普及」や「指導」という名の、将棋マーケットの底辺拡大&質的向上に傾注する、か、今回のように「盛り」の棋士の対局を「解説」するか以外、PUFFYの言う(笑)「これが私の生きる道」はないに違いない。  続きを読む

Posted by masterhori at 19:48Comments(0)clip!報道雑感 | 人間雑感

2019年09月24日

渋野日向子選手が全英凱旋後初勝利し、人が大舞台に立ち、勝つ意義と「錦の御旗」の使用上の注意を再認識するの巻

全英凱旋後、遂に渋野日向子選手が勝った。
あたかも我が子の(笑)活躍で嬉しいのひと言だが、親御さんの安堵は拝察するに余りある。


最終日の申ジエ選手、イ・ミニョン選手の不調は「神の恵み」だったろうが、勝利を決めた、渋野の16番のチップインバーディは、全英という大舞台を勝利した渋野自身の実力であり、貫禄であり、また、自負だったろう。
渋野は今回の勝利でまた「レベルが上がった」(笑)に違いない。
やはり、人は大舞台に立ち、かつ、勝ってこそ、である。

それはそうと、先掲の記事曰く、「周囲の期待は、常に20歳の強さと笑顔に求められていった」とのことだが、「どの口で何を言わんか」である。
凱旋後のメディアの渋野の取り上げ方、特に試合中継は「偏り」が過ぎ、彼らが彼女の「強さ」と「笑顔」を浪費したのは確かである。  続きを読む

Posted by masterhori at 15:00Comments(0)clip!報道雑感 | 人間雑感

2019年09月05日

信頼する自転車エンジニアSさんに愛車(BMC GF01)をリフレッシュいただき、快感と安心安全を募らすの巻

恒例(?・笑)の、愛車の、年一チェーン交換&その他諸々メンテをした。
今年も、信頼するSさんの「完全お任せ」で。(笑)

先ず、チェーン交換について。
前回のメンテから凡そ6,000キロ走破していたが、伸びは0.5%と、完全交換タイミングの0.75%には到達していなかった。
良くも悪くも「マイ『貧脚』」のお陰である。(笑)
Sさん曰く「この分なら、あと3,000キロ位走れますよ(→交換を延期しては?)」とのことだったが、今度いつ入庫できるか怪しく、念の為交換いただいた。


次は、その他諸々メンテについて。
結果、今回はシフトとブレーキのワイヤーを、インナー、アウター共々フル交換いただいた。
(※アウターを交換したためハンドルのバーテープも。その他もう一つ交換いただいたパーツがあるが、それは後述。)
フル交換は、前々回が「インナーのみ交換」で、覚悟していたが、今回は事前にSさんがインナーの現状を目視確認のうえ判断くださり、大船に乗ったつもり(?・笑)で御意の一択である。
ちなみに、今回はニッセンに初挑戦しようと企んだが、Sさんの以下コンサルで(笑)、またシマノのデュラにした。  続きを読む

Posted by masterhori at 15:21Comments(0)clip!店員雑感 | 商品雑感

2019年08月02日

「予測する脳・発達する脳」なる講演会に参加し、人を「助ける」人を育む肝について考えさせられるの巻

過日、東大IRCN主催の「予測する脳・発達する脳」なる講演会に参加した。
中でも、長井志江教授の「予測脳の発達:ロボットを創ることでヒトを理解する」、および、終了後の個別質疑応答は予想外に参考になり、かつ、考えさせられた。


ついては、以下、誤解を怖れず(笑)咀嚼&備忘録したい。  続きを読む

Posted by masterhori at 13:18Comments(0)clip!経験&気づき | お仕事系

2019年07月03日

某ファンドの「勉強会」へ約10年ぶりに参加し、残念に思うと同時に、近年ホルダーの頭数が頭打ちになっているのを合点するの巻

最近、会う人に先ず言われるのは、「お元気ですか?」である。
それも、会うのが久しぶりの場合、ダントツのトップ(?・笑)である。
彼らはなぜ、私の不調を推量するのか。
聞けば、私が本ブログをめっきり新規投稿しないからである。
自業自得(?・笑)である。

弁解する訳ではないが、本ブログは、私の経営する会社のPRであり、また、新聞で言う「社説」である。
弊社からすると「提供可能価値の欠片」、そして、潜在顧客からすると「獲得期待価値のサンプル」であり、矢鱈なものは書けない。
しかして、弊社代表の私は、何かに出くわし、触発され、ブログを書き始めるものの、日常の煩雑と本性の無精にかまけ、「下書き」を増やす一方、という訳である。(苦笑)

弁解はこれくらいにして(笑)、かれこれ2年間「下書き」に塩漬けしていた分を、気合いで(笑)新規投稿したい。
というのも、近日、かれこれ10年以上無沙汰のUさんと再会することになり、参考にしていただきたい内容だからである。
勿論、Uさんではないあなたさまも、読んで損はない(であろう。笑)からして、是非読了いただきたい。

2017年4月、某ファンドの「勉強会」へ約10年ぶりに参加した。
一番の理由は、そのファンドの創業者で、「恩人」でもある彼に、10年越しの「野暮用」(苦笑)があったからである。
また、純粋に一ホルダーとして久しぶりに彼、および、会社の実情を肌理解したかったから。
それも、できれば「肯定的に」肌理解(→安心)したかったから、でもある。

前者の「野暮用」はさておき(笑)、後者の「願い事」は叶ったのか。
結論から言うと、彼や会社の実情は肌理解できたが、「肯定的に」はできなかった。
挙句、会社とファンドの今後を案じ、アレコレ考えさせられた。

私はなぜ、会社とファンドの今後を案じたのか。
結論を紐解く前に、私がこのファンドの「勉強会」へ参加するようになった経緯と「ほぼ常連」(笑)的に参加していた約3年間の所感、ならびに、「勉強会」の当時認識、を述懐したい  続きを読む

Posted by masterhori at 15:34Comments(0)clip!店員雑感 | 名所雑感

2018年11月01日

井の頭自然文化園の「ヤマネコ祭特別企画講演」を拝聴し、自分のイイカゲンさを改めて省みるの巻

DSCF4149私と妻は「『イリオモテヤマネコ検定』中級者である。(笑)
共に一昨年上級を受検し、見事不合格と相成ったが(苦笑)、いまだ遭えぬヤマネコへの恋慕(笑)は募るばかりである。(笑)
ということで、不肖私、所用で不参加の妻の分共々(笑)井の頭自然文化園の「ヤマネコ祭」に参加し、「特別企画講演」を拝聴した。



演者は、この井の頭自然文化園で現にツシマヤマネコを飼育なさっている唐沢瑞樹さんと、近隣(=武蔵境)の日本獣医生命科学大学で獣医学を教授し、ヤマネコの人工繁殖に取り組んでおられる堀達也さんである。
共に、イリオモテヤマネコと併せ、環境庁レッドリストに絶滅危惧IA分類されているツシマヤマネコの保全取り組みの具体と進捗を概括くださったのだが、唐沢さんは現役飼育者ならではの現場所感、ならびに、韓国(アムールヤマネコ)と台湾(タイワンヤマネコ)の動物園の「野生復帰」取り組みがメインで、堀教授は科学的取り組みの最有力とされる「人工授精」がメインだった。

そもそも私は、ネコ大好き人間の妻(笑)と、数年来の夏季西表島詣での影響でヤマネコに好意を抱くに至った、言わば、ネコ&ヤマネコ素人である。(笑)
両演者の話を完全に理解&共感できた訳ではないが、以下の旨、個別質問を経、人間一般に通じると思しきを咀嚼した。
大満足である。



【Q1】(韓国の)「野生復帰」の取り組みは、三匹中二匹が残念な結果(一匹は死因不明、もう一匹は餓死)に終わり、なかなか難しいようだが、第一次産業が衰退し生き難くなった今を何とか生き抜いている残り一匹と、残念な最期を遂げた先の二匹を分かつものは何か?

DSCF4012DSCF4018  続きを読む

Posted by masterhori at 07:05Comments(0)clip!経験&気づき | 人間雑感

2018年10月10日

お初の刃研ぎ職人から「包丁の切れ味の多様性」、挙句、「方法論や思考の真の多様性」の気づきを授かるの巻

妻と、毎年恒例の(笑)かっぱ橋道具祭りへ行き、毎年恒例の包丁研ぎをした。
いつもの刃物店は今受付できないとのことで、良さそげな店を新規開拓(笑)した。

妻の見つけたその店は、かの新潟、燕市が本社だった。
担当者も、「お祭りなので本社から応援に来た」と、どちらかと言うとぶっきら棒な、職人然とした方だったが、研いでくださっている最中、妻の日頃の質問にも迷惑がらず、真摯にこたえてくださった。
回答の中には感覚主義の、理解困難な内容(←表現)も少なくなかったが、妻のココロを尊重する姿勢が傍目から見て取れた。
成る程、昔気質の職人も、近年かくも顧客インターフェースを大事にするものかと、天晴に感じた。

彼から授かった気づきはもう一つあった。
彼の研ぎ上げた包丁を夜早速使ったのだが、これをして「切れ味」と言うのだろうか、当然「よく切れる」訳だが、「よく切れる」感がいつもの店で研いでもらった時とかなり違うのである。
いつもの店のそれが、「スパツ、スパツ」と、兎に角「軽く」よく切れるそれに尽きるのに対し、彼の手によるそれは、「スッ、スッ」と、第一感「適度に重く」、そして「しっとり、しっかり」よく切れるそれなのである。  続きを読む

Posted by masterhori at 07:17Comments(0)clip!名所雑感 | 経験&気づき

2018年07月09日

「動いている球を打った」フィル・ミケルソンの謝罪に肯定的になるの巻

「止まっている球を打つ」。
ゴルフのプロセスであり、ルールである。
そして、ゴルフをやらない言い訳のトップ3でもある。(笑)
「(棋士の)私は、絶えず動いている相手と戦い、勝っている。何が面白くて、止まっている球を打つものか」。
かつて米長邦雄がこの旨のたまい、数多の誘いを断っていた話は有名である(が、後に大のゴルフ好きに成ったのも有名な話である。笑)。

ただ、「止まっている球を打つ」のは、思うより簡単でない。
というか、相当難しく、また、深い(普遍的である)。
米長がゴルフにハマったのも、存外に人脈が広がるからではなく、余りの難しさと深さにそのプライドが肯定的に打ちのめされたからだろう。
「なぜ、『こんなに』相手も目標も止まっていてクリアなのに、ちゃんと打てない、飛ばせないのか」。
「なぜ、『こんな』止まっている球が、練習ではそこそこ打てる(ようになった)のに、本番では(依然)ちゃんと打てない、飛ばせないのか」、と。
「止まっている球を打つ」のは、それを飯の種とするプロからすると、当たり前のプロセスに過ぎないのかもしれないが、飯の種としない私のようなアマからすると、禅問答、或いは、絶対の神の啓示である(と、球を打ち終える度つい思う。笑)。

だからだろう。
先月、フィル・ミケルソンが「止まっていない(打ち終え、依然動いている)球」を打ち、後に謝罪したのである。
それも、全世界の衆目を集める四大メジャートーナメントの全米オープン、ラス前の三日目、のことである。

  続きを読む

Posted by masterhori at 07:21Comments(0)clip!報道雑感 | 人間雑感