2000年01月30日

ご挨拶/弊社設立趣意スピーチ

キャタリスト_堀公夫はじめまして。
私は、弊社の代表を務める、堀と申します。
数あるホームページの中から弊社のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。(礼)

「思うように、お客さまが来ない・・。(汗)」
「思うように、商品が売れない・・。(汗)」
「思うように、お客さまが増えない・・。(汗)」
「思うように、社員(スタッフ)が居つかない・・。(汗)」


弊社は、これらの悩みと格闘している、小売業、飲食業、サービス業を営む企業向けに収益向上支援事業(経営・マーケティングコンサルティングサービス業)を営んでおります。
そして、該当企業の経営者、及び、社員、お客さま、取引企業の満足(=サティスファクション)の最大化を促すと同時に、個人と社会の満足の最大化を促しております。  続きを読む
Posted by masterhori at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月28日

会社概要/有限会社キャタリスト

社名
有限会社キャタリスト 《※社名の由来設立趣意》  続きを読む
Posted by masterhori at 20:05Comments(0)

2000年01月25日

商品/”収プロ”

training冒頭から恐縮ですが、以下三事項を質問させていただきます。  続きを読む
Posted by masterhori at 19:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月24日

【1】”収プロ”の趣旨&コンセプト

小売業、飲食業、サービス業を営む企業が、<お客さま><取引企業><社員>の三者へ競合企業よりも優れた満足を提供し、収益向上を持続的に実現すること。
経営支援サービス商品” 収プロ(収益向上プロジェクト)”は、以上の事項のみを趣旨とし、以下の二事項をコンセプト(=趣旨を達成すべく商品全体に貫かれた弊社の行動基準)としております。
弊社は、本コンセプトを核に実行可能な支援活動を全て行う所存でございます。



  続きを読む
Posted by masterhori at 18:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月23日

【2】”収プロ”の特長(ベネフィット/効用価値)

Posted by masterhori at 15:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月22日

【3】”収プロ”のリスク

Posted by masterhori at 19:58Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月21日

【4】”収プロ”の種類

経営支援サービス商品” 収プロ(収益向上プロジェクト)”の種類は、以下の二つでございます。

《1》マネジメント特化型(社長参謀型)
《2》全社横断型(企業参謀型)

《1》と《2》は、商品のコンセプト特長において差はありません。
しかしながら、重点支援対象者及び商品の品質と価格においては差があります。

”収プロ”を企画&遂行する堀の行動範囲は、《1》の場合、あなたさまの会社の中で催される会議、ミーティング、研修会といったマネジメントの現場が主になり、《2》の場合、あなたさまの会社の全て、即ち、セールスの現場とマネジメントの現場の両方になります。
重点支援には、各人の現場で長時間膝を交える機会が欠かせません。
従って、重点支援対象者は、《1》はあなたさま(経営者/事業執行責任者)で、《2》は《1》+あなたさま以外の経営幹部+現場スタッフとなります。

堀は、《1》よりも《2》の方が、セールスの現場へ訪れる機会に恵まれます。
セールスの現場に訪れる機会が多い方が、社外及び社内マーケティングの実行品質をより正確に検証できます
従って、商品の品質は、高確率で《2》>《1》となります。

商品の価格は、必要経費業務報酬を足したものです。
堀は、《1》よりも《2》の方が、交通費や宿泊費(=必要経費)を多く使います。
従って、商品の価格は、高確率で《2》>《1》となります。

あなたさまが”収プロ”で重点支援を希望するのは、あなたさまご自身ですか、それとも、あなたさま以外の経営幹部や現場スタッフも含みますか?
あなたさまが”収プロ”で譲れないのは価格ですか、それとも、品質ですか?
あなたさまの会社の事情とニーズにフィットした種類をお選びください。

  続きを読む
Posted by masterhori at 21:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月20日

【5】”収プロ”の道程例

経営支援サービス商品” 収プロ(収益向上プロジェクト)”の道程例は、以下の通りでございます。

”収プロ”の道程は、経営者であるあなたさまに正式にお買い求めいただく前に行う<ステップ4.”収プロ”のゴールと目標値を設定すると共に、あなたさまの会社と弊社の役割及びゴールまでの道程を策定する>の中で、業務内容、期間、業務報酬と併せて、合議によって決められます。

あなたさまに”収プロ”の道程及び全体像をご理解いただけると幸いでございます。  続きを読む
Posted by masterhori at 16:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月19日

【6】”収プロ”の内容例&お寄せいただいた嬉しいお声

経営支援サービス商品” 収プロ(収益向上プロジェクト)”の内容例とお寄せいただいた嬉しいお声は、以下の通りでございます。

”収プロ”の内容は、クライアントから正式にご依頼を頂く前に行う<ステップ4.”収プロ”のゴールと目標値を設定すると共に、あなたさまの会社と弊社の役割及びゴールまでの道程を策定する>の中で、期間、道程業務報酬と併せて、合議によって決められます。

あなたさまに”収プロ”の内容と品質に関してご理解を深めていただけると幸いでございます。(礼)

《1》内容例/社外マーケティング系
《2》内容例/社内マーケティング系
《3》お寄せいただいた嬉しいお言葉



  続きを読む
Posted by masterhori at 15:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月18日

【7】”収プロ”の価格

経営支援サービス商品” 収プロ(収益向上プロジェクト)”の価格は、<必要経費+業務報酬>という計算式により算出されます。

必要経費と業務報酬は、以下の通りでございます。

あなたさまに”収プロ”の価格決定プロセスをご理解いただけると幸いでございます。(礼)  続きを読む
Posted by masterhori at 19:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月15日

クレド

【1】このクレドは、有限会社キャタリストに所属する全チームメンバーが持つべき価値観と行動習性を表しています。  続きを読む
Posted by masterhori at 16:58Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月10日

お問い合わせ

弊社は、あなたさまのお問い合わせを歓迎致します。
よく頂く質問」をご一読の上、どうぞお気軽にお問い合わせください

弊社は、お問い合わせの内容及びご事情の一切を、あなたさまの「心の秘密」と考えております。
「ここだけの話」として真摯にお預かりすると共に、断り無く口外しないことをお約束致します。

お問い合わせの方法は、ご用件により異なります。
お急ぎのところ恐縮ですが、電話はできるだけご遠慮いただき、以下四つの中の最も近いご用件の文章をクリックの上、メールにてお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。(礼)

あなたさまから頂戴したメールは、社内にて厳重に管理し、原則返信以外には利用致しません。
運用におきましても、SSLを使って送受信する等、でき得るセキュリティ対策を実行致します。

返信は原則48時間以内に致します。
然るべき事情によりお急ぎの場合は、でき得る善処を実行致しますので、その旨明記願います。(礼)



  続きを読む
Posted by masterhori at 21:46Comments(2)TrackBack(0)

2000年01月09日

【1】商品の購入(=経営支援サービス”収益向上プロジェクト/収プロ”の依頼)を希望なさる場合

経営支援サービス商品” 収益向上プロジェクト(※略称:収プロ)”の購入をご希望いただきありがとうございます。
弊社はあなたさまのご英断に敬意を表します。(敬礼)

”収プロ”は企業再生プロジェクトです
企業が真に再生するには、体内の血を全量交換し、体質を一変することが欠かせません。

そこで、弊社は長年培った経営の知識/経験/スタイルを葬ることが可能な経営者の企業にのみ、”収プロ”をお買い求めいただいております。
もし、あなたさまが、長年培った経営の知識/経験/スタイルを固辞なさる場合、誠に残念ながら、弊社は”収プロ”をお売りできかねます。  続きを読む
Posted by masterhori at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月08日

【2】弊社/弊社の商品/堀の著作物に対して質問をお寄せになりたい場合

弊社は、あなたさまのご質問を歓迎致します。
ご質問を契機に、弊社/弊社の商品/堀の考えに関して理解を深めていただけると幸いです。
お手数かけますが、以下の質問に各々ご回答の上、弊社宛へメールをお送りいただきますようお願い申し上げます。(礼)

メールの送信(※あなたさまが使用しているメールソフトが立ち上がります)

〔補足〕
1.最近、スパムメールが一日に数百件届いております。誤削除を防ぐ為、「件名」を日本語で明確にお書きいただきますようお願い申し上げます。
2.「▼メールの送信」をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、「shitsumon@2004catalystドットコム」へ<ドットコム>を<.com>へ変換の上別途メールをお送りいただきますようお願い申し上げます。
3.然るべき事情によりメールでのご連絡が難しい場合のみ、電話でのご連絡をお受け致します



  続きを読む
Posted by masterhori at 18:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月07日

【3】弊社/弊社の商品/堀の著作物に対して意見、要望をお寄せになりたい場合

弊社は、あなたさまのご意見、ご要望を歓迎致します。
弊社の存在意義/弊社の商品品質/堀の著作物品質は、あなたさまのご意見、ご要望により向上します。
お手数かけますが、以下の質問に各々ご回答の上、弊社宛へメールをお送りいただきますようお願い申し上げます。(礼)

メールの送信(※あなたさまが使用しているメールソフトが立ち上がります)

〔補足〕
1.最近、スパムメールが一日に数百件届いております。誤削除を防ぐ為、「件名」を日本語で明確にお書きいただきますようお願い申し上げます。
2.「▼メールの送信」をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、「iken@2004catalystドットコム」へ<ドットコム>を<.com>へ変換の上別途メールをお送りいただきますようお願い申し上げます。
3.然るべき事情によりメールでのご連絡が難しい場合のみ、電話でのご連絡をお受け致します



  続きを読む
Posted by masterhori at 14:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月06日

【4】堀とのオフ会を希望なさる場合

オフ会は、仕事の話を抜きにした会食面談です(※報酬は不要です)。
堀は、オフ会を「出会いと触発の場」と考え、あなたさまのお誘いを歓迎致します。
お手数かけますが、以下の質問に各々ご回答の上、堀宛へメールをお送りいただきますようお願い申し上げます。(礼)

メールの送信(※あなたさまが使用しているメールソフトが立ち上がります)

〔補足〕
1.最近、スパムメールが一日に数百件届いております。誤削除を防ぐ為、「件名」を日本語で明確にお書きいただきますようお願い申し上げます。
2.「▼メールの送信」をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、「ofukai@2004catalystドットコム」へ<ドットコム>を<.com>へ変換の上別途メールをお送りいただきますようお願い申し上げます。
3.然るべき事情によりメールでのご連絡が難しい場合のみ、電話でのご連絡をお受け致します
4.諸般の事情により、ご希望にお応えしかねる場合がございます。
5.スカイプのビデオ面談をご希望の際は、スカイプのIDを付記の上、その旨お知らせ願います。




  続きを読む
Posted by masterhori at 13:34Comments(0)

2000年01月03日

”収プロ”購入(依頼)希望メール

経営支援サービス商品” 収プロ(収益向上プロジェクト)”をお買い求めいただくまでの道程をご確認いただきありがとうございます。(礼)
弊社は、長年培った経営の知識/経験/スタイルを葬ることが可能なあなたさまの思考&行動習性に、敬意を表します。(敬礼)

弊社は、近日中に面談を実施し、あなたさまが実現を希求するゴールと目標値を正確に理解したい、と考えております。
お手数かけますが、以下の質問に各々ご回答の上、弊社宛へメールをお送りいただきますようお願い申し上げます。(礼)

メールの送信(※あなたさまが使用しているメールソフトが立ち上がります)

〔補足〕
1.最近、スパムメールが一日に数百件届いております。誤削除を防ぐ為、「件名」を日本語で明確にお書きいただきますようお願い申し上げます。
2.「▼メールの送信」をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、「irai@2004catalystドットコム」へ<ドットコム>を<.com>へ変換の上別途メールをお送りいただきますようお願い申し上げます。
3.然るべき事情によりメールでのご連絡が難しい場合のみ、電話でのご連絡をお受け致します
4.スカイプのビデオ面談をご希望の際は、スカイプのIDを付記の上、その旨お知らせ願います。




  続きを読む
Posted by masterhori at 16:00Comments(0)TrackBack(0)

2000年01月02日

堀が自らを「サティスファクションプロデューサー」と名乗る理由

弊社の社長を務める堀が、自らを、「経営コンサルタント」とか「マーケティングコンサルタント」ではなく、「サティスファクションプロデューサー」と名乗る理由は以下の通りです。  続きを読む
Posted by masterhori at 19:49Comments(2)TrackBack(0)

2000年01月01日

年別投稿記事/2018年

Posted by masterhori at 02:30Comments(0)

年別投稿記事/2017年

Posted by masterhori at 02:20Comments(0)

年別投稿記事/2016年

Posted by masterhori at 02:10Comments(0)

年別投稿記事/2015年

Posted by masterhori at 02:00Comments(0)

年別投稿記事/2014年

Posted by masterhori at 01:50Comments(0)

年別投稿記事/2013年

Posted by masterhori at 01:40Comments(0)

年別投稿記事/2012年

Posted by masterhori at 01:30Comments(0)

年別投稿記事/2011年

Posted by masterhori at 01:20Comments(0)

年別投稿記事/2010年

Posted by masterhori at 01:10Comments(0)

年別投稿記事/2009年

Posted by masterhori at 01:00Comments(0)

年別投稿記事/2008年

Posted by masterhori at 00:50Comments(0)

年別投稿記事/2007年

Posted by masterhori at 00:40Comments(0)

年別投稿記事/2006年

Posted by masterhori at 00:30Comments(0)

年別投稿記事/2005年

Posted by masterhori at 00:20Comments(0)

年別投稿記事/2004年

Posted by masterhori at 00:10Comments(0)

年別投稿記事/2003年

Posted by masterhori at 00:00Comments(0)