2006年02月21日

山田孝之さんの報道をもとに、社会がつまづいた人を肯定的に評価する条件について考えるの巻

標題の報道は、「なぜか好意的な報道が多い山田孝之の隠し子発覚」(日刊ゲンダイ)。
「世界の中心で愛を叫ぶ」や「電車男」で主役を務めた山田孝之さんに認知しているお子さんが居られた事実が、通例否定的に報道されるところ、現時点では概ね好意的に報道されている、とするものだ。




世界の中心で、愛をさけぶ <完全版> DVD-BOX
綾瀬はるか
ジェネオン・ユニバーサル
2009-09-18



昨今、私は芸能ネタに疎い。(汗)
件の山田さんの演技は「世界の中心で愛を叫ぶ」で見ているものの、彼自身のことは全く知らない。
しかしながら、彼の報道を見たのも何かの縁であると直感し(笑)、通例否定的に報道される彼の行動がマスメディアから好意的に報道される理由、ひいては、社会がつまづいた人を肯定的に評価する条件、について少し考えてみたい。  続きを読む
Posted by masterhori at 23:22Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月12日

アートディレクター、佐藤可士和さんのインタビュー番組を見るの巻

標題の番組は、NHKの「プロフェッショナル、仕事の流儀」だ。
この番組には触発されることが多く、できる限り録画して見るようにしている。

私は、これまで佐藤可士和さんのことを知らなかったものの、ホンダの初代ステップワゴンの宣伝を担ったお一人だと聞いた瞬間、ビビビと来るものがあった。(笑)
というのも、初代ステップワゴンが発売された頃、私は自動車メーカーの国内販売業務に従事しており、ステップワゴンのお陰で苦戦を強いられた経験があるからだ。(爆)  続きを読む
Posted by masterhori at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月11日

表参道ヒルズへ訪れるの巻

5f906e4b.JPG所用があり、夜、表参道へ行った。

表参道駅がいつになく大混雑していた。
それもそのはず、今日は表参道ヒルズのオープン日だった。(汗)
折角の機会なので、最初の用事を終えた後、訪れてみた。  続きを読む
Posted by masterhori at 23:00Comments(1)TrackBack(0)