2016年11月08日

河野洋平さんを「プライムニュース」で再度拝見し、人と人を持続的に丸く収める解を気づかされるの巻

過日、私はBSフジの報道番組、「プライムニュース」を見た。
ゲストは河野洋平さんと息子の太郎さんだった。
私が洋平さんのゲスト出演番組を見るのは、今回で二回目だった。
初めて見たのもこの番組で、当時の議題は慰安婦問題だった
洋平さんは、いかなる思考で所謂「河野談話」を出したのか、論理的に、また、とても誠実に語られた。
私は、洋平さんの慰安婦問題の主張は否定的だが、他の主張、および、底流にうかがえる持論や信条は、司会の反町理キャスターに負けず劣らず「なるほど」だった。(笑)

今回の議題は自民安倍政治の是非だった
洋平さんの主張は前回にも増して「なるほど」で、その最たるは以下、自民党総裁任期延長の懐疑と新自由クラブ分裂(→解党)の自責だ。
「こんなにマトモな政治家が居たのか」。
不遜だが、私はこう感心し、挙句、洋平さんを政治家である前に、先ず人として尊敬してしまった。
最近、石原慎太郎元都知事が築地市場移転問題でメディアによく取り上げられているが、相変わらずの強弁に、過日、高嶋秀武アナは「謝れない人」と切り捨てた。
石原さんのオレ様第一主義(笑)に対する高嶋アナの物言いはこれまた「なるほど」だったが、反対に、自分、ないし、自己利益や自尊心より道理を優先し、誤解と過誤を素直に省みる洋平さんは「謝れる人」と言って良く、人として尊敬せずにはいられなかった。  続きを読む
Posted by masterhori at 07:21Comments(0)TrackBack(0)