2017年11月03日

ロードバイクで荒サイを走り、「あおり」問題の根本解決を考えるの巻

「泣く子と地頭には勝てない」という言葉があるが、自転車乗りからすると「泣く子と雨には勝てない」である。(笑)
過日、ようやく雨が止み、私はロードバイク荒川サイクリングロードを走った。
老化を防止すべく、もとい(笑)、運動不足を解消すべく、いつもの50キロをいつも通り2時間かけて走ったのだが、一つ嬉しいことがあった。

「トレインを組みませんか?」と、未知のロードバイク乗りからお声がけいただいたのである。
それも、「私より遥かに高経験値に見て取れ、かつ、実際強い(=速い)人から」、「初めて」お声がけいただいたのである。
「トレイン」の意味はググっていただくとして、要するに私は、一ロードバイク乗りとして認められ、「一緒に走りませんか?」と誘われたのである。

たしかに、当日の荒サイは名物の強風で、ロードバイク乗りが交互に風よけし合って走るのは尤もだった。
しかし、先述の通り、お声がけの主は、私と違って強虫である。
私は、この初体験に吃驚するも即感激したが、同時、「なぜ彼はひと目弱虫の私と走りたいと思ったのか」自問した。



誤りと自惚れ(笑)を怖れず妄想したところ、彼の心中は以下で・・・

「アイツ(=私)以外、一緒に走れる(=練習できる)ロードバイク乗りが見当たらない」。

「アイツは弱虫だが、マナーは悪くない。弱虫なりに頑張ってもいるようだし、自分(の練習)の助けにこそなれ、邪魔にはならないだろう」。

・・・私は以下(改めて)気づかされた。  続きを読む
Posted by masterhori at 07:31Comments(0)