2000年03月22日

【購入記その4】ステージアを見に日産店へ行く(前編)

前回まで、お奨め車種を見繕ってもらうべく取引のあるトヨタ店を、そして、レガシィツーリングワゴンを見るべくスバル店を、それぞれ訪問しました。
視力に自信が無くなってきた私は、ADA(Active Driving Assist)の装着が可能なハリアーとレガシィにそれぞれ興味は覚えましたが、この時点において、それ以上の気持ちが芽生えることはありませんでした。
今回は、気になっていた最後の車種であるステージアを見に、日産店へ行くことにしました。


             ◇◆◇◆◇◆


スバル店を訪問した時と同様、まずは、日産のHPで家の近くに販売店がないか調べてみました。
すると、同じく、該当店舗が二つヒットしました。(笑)
一つは自宅から車で10分ほどの所、もう一つは20分ほどの所です。
とりあえず今回は、自宅から近い店舗へ行くことにしました。

その店舗を訪ねたのは、ある週の土曜日の11時頃。
店舗には、今回もスマートに乗って行きました。

店舗へ行く前に、試乗車の用意があるか確認の電話を入れました。


【私】
ちょっとお尋ねしたいのですが、そちらに、ステージアの試乗車はありますか?
2.5リッター車の購入を検討しているのですが・・。

【店員】
少々お待ち下さい。

(30秒程待たされる)

【営業】
お電話代わりました。
私、営業担当の○○と申します。
ステージアですね。
試乗車はございます。

【私】
これからそちらへ伺いたいのですが・・。

【営業】
では、お待ちしております。
(ガチャン)


電話を切った後、私は、一瞬店舗へ出向くのをためらいました。
それは、営業マンの話しっぷりに、慇懃無礼の「いや〜な」印象を抱いたからです。
電話に出た時の声は、全く躍動感が無く、いかにも「仕事」という感じがしました。
話し方は丁寧で良いのですが、何となく偉そうで、小馬鹿にされた気がしました。
話が終わるや否や、「ガチャン」とすぐに電話を切られたのも悪印象でした。

でも、これらのことは全て杞憂であると思い込み(笑)、とりあえず今回はこの店舗へ行ってみることにしました。

その店舗は、比較的に交通量の多い一般道沿いに立地しています。
外観は割と綺麗です。

駐車場にスマートを停め、店舗の中に入りました。
さすが土曜日、中には二組の商談を含む複数名のお客が居ました。
カウンターには社員が二名居るのですが、誰も私に声をかけてきません。(汗)
電話で「お待ちしております」と言われたのは幻だったのでしょうか。
私は、展示車を見ながら、声がけされるのを待つことにしました。

展示車を数台ざっと見ました。
しかし、一向に誰も私に声がけしてきません。(涙)
このままでは埒があかないので、カウンターに居る社員に声をかけました。


【私】
すみません。
営業担当のの○○さんはいらっしゃいますか?

【営業】
私ですが。

【私】
私、先ほど電話した△△ですが・・。

【営業】
ああ、いらっしゃいませ。


私の予感は杞憂ではなく、現実になってしまいました。(涙)
営業担当者は、電話の時に受けた印象の通り、横柄な感じです。


【私】
まずは、ステージアを見せていただけないでしょうか。
そして、その後、試乗したいのですが・・。

【営業】
わかりました。
ではこちらへ。
(屋外の展示場へ私をいざなう。)
展示車に鍵はかかっていません。
どうぞご自由にご覧下さい。
(と言い残して、店内へ戻る。)


なんと、私はひとり屋外展示場へ置き去りにされました。
ビックリです。(涙)
彼はやる気が無いのでしょうか?
それとも、私は冷やかし客と見られているのでしょうか?(汗)

私は、気を取り直して、「まあ、これで、営業担当から急かされずに、実車を細部まで見れるからいいか!」と思うことにしました。(笑)
私はこれまでトヨタとスバルの店舗を訪問しましたが、時間や営業マンを気にせず、購入検討車の実車をじっくり見るのは初めてです。

展示されていたステージアのグレードは250RXです。
予めチェックしておいたグレードで好都合でした。(笑)

外観の第一印象は、「(全長が)長いなぁ」でした。
家の周りの道が割と狭いので、ちょっと不安になりました。
室内の第一印象は、「まあまあいい感じ」でした。
以下、各箇所を見て感じた印象&評価です。


 ------------------------------------------
 ○の箇所
 ------------------------------------------

★バックドアオートクロージャー(半ドアまで閉めると自動的に閉めてくれる機能)
愛車のハイエースで使い慣れている実に便利な機能です。

★後席用エアコン吹き出し口
ハリアーと同様、運転席と助手席の間のコンソールに後席用のエアコンの吹き出し口があるので、後席に座った人は助かります。
ちなみに、レガシィにはこれはありません(※前席の下から温風は出ます)。

★後席自動フォールディング。
ラゲッジにあるレバーを引くと、座席に回ることなく、後席を倒すことができます。
釣り竿を放り込んだり、庭仕事用の長い木材等を買った際には便利だと思います。
また、前席の位置によっては、ヘッドレストを取らなくても後席を倒せます。

★フロントドアポケット
ポケットが開閉式になっているので、モノの出し入れがやり易いと思います。

★リアドアガラスハッチ
リアドア(後席ではなく)は、ドア自体が開く他に、ガラスハッチ部分だけも開けることができます。
これは今回乗ってきているスマートにも付いている機能です。
使い勝手が良いです。

★シート
座り心地はなかなか良いです。

 ------------------------------------------
 マズマズの箇所
 ------------------------------------------

●前方視界
「ステーションワゴンとしてはこんなものか」と私は納得できました。

●後席の足下
それなりに広いので、後席に人を乗せても恨まれないと思います。(笑)

 ------------------------------------------
 ×の箇所
 ------------------------------------------

▲マニュアル式シート調整
シートポジションを細かく調整できる電動式の方が私は好きです。

▲足踏み式パーキングブレーキ
以下の理由&習慣により、サイドにある方が私は好きです。
1.概して、フットレストより踏面が高い位置にあることが多く、踏み込む際、足を組み換えるのに引っかかり易いから。
2.とっさの時、フットブレーキと併用する(※1)ことが難しいから。
3.踏み込んだ時、”ギギギ”と音がする(※2)から。
(※1)→過去二回、知人の車に同乗中、中急坂で後退してきた時、とっさに”助手席から”サイドブレーキを引いたことがあります。(笑)
(※2)→サイドブレーキの場合、リリースボタンを押しながら引けば無音。

▲サイドエアバックがメーカーオプション
そろそろ標準で装備すべき機能だと私は思います。
不必要の人向けにレスオプションが設定されているとベターです。

▲ドライビングアシスト系の装備が未設定
最上級の3.5L車には、ハイキャスやトラクションコントロールがメーカーオプションで設定されているものの、ハリアーのプリクラッシュセーフティシステムレガシィのADA(Active Driving Assist)に相当する、事故を積極回避するドライビングアシスト系の装備は、メーカーオプションでも未設定です。
この装備は今回の新車選びの目玉なので、ポイントがかなり下がりました。(涙)

▲前方見切り
ハイエースの見切りに慣れている私にはかなり不安です。

▲後方視界
とりわけ左後方は、余程身長がある人を除いて、体ごとずらさないと、かなり見にくいと思います。


ひと通り車を見終わったので、改めて店の中に入りました。
しかし、またもや誰も私に声がけしてきません。(涙)
仕方がないので、棚にあったカタログを手にして、奥の空いている商談ブースに座り、カタログをめくりながら営業担当者が来るのを待ちました。

それから約10分後、件の営業担当者が現れました。


【営業】
お待たせしてすみません。
今日はお客さんが多いので。

【私】
それは繁盛でいいですねぇ。
(※放置されることが多いので、若干のイヤミも込めました。笑)

【営業】
それで、いかがですか?

【私】
少し質問してもいいですか?

【営業】
はい。
どういったことでしょう?


「後編」へ進む→

←ひとつ前のページへ戻る
←このコーナーの先頭のページへ戻る



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/22188982