2000年03月21日

【購入記その4】ステージアを見に日産店へ行く(後編)

【前編はこちら


【私】
ステージアには、2.5と3.5リッターの二種類のエンジンがありますよね。
どちらのエンジンの方が売れ筋なんですか?
【営業】
当店の場合、トータルな台数としては、2.5の方が多く出ていますね。

【私】
なるほど・・そうなんですかぁ。
多くの方が2.5の方を選ぶ理由は、「3.5はオーバースペックだ」、とか、「3.5になると税金が高くなるから」、と言ったところなのでしょうか?

【営業】
うーん、恐らく予算の問題じゃないでしょうか。

【私】
・・・・・。
-----------------------------
《心の声》
そっかあぁ?
確かに、エンジンの選択において、予算は大きな比重を占めるのはわかる。
でも、人にはそれぞれ違ったニーズがある。
車重は軽い方が良いとか、維持費や燃費なども含めたランニングコストを重視したいとか。
その辺のところもかなり関係してくるのでは?
-----------------------------

【営業】
車を買うのは今回が初めてではない、ですよね?

【私】
今、ハイエースと外に停めてあるスマートに乗ってます。
ハイエースがディーゼル規制に引っかかるので、新しい車を捜しているんです。

【営業】
ハイエースからの乗り換えでしたら、エルグランドじゃないでしょうか?

【私】
ステレオタイプで考えている訳じゃないですから。

【営業】
は?

【私】
とりわけ、ワンボックスにこだわっている訳じゃないんです。

【営業】
よろしければ、見積りを取りましょうか?

【私】
そうですね。
じゃあお願いします。
-----------------------------
《心の声》
気が早いなぁ〜。
もう少し説明してくれよ〜。
いくら一人でじっくり実車を見たからと言っても、細かい所は解らないんだから。
それとも、彼は、私の応対を早く終わらせて次のお客に・・、と思っているのかな。
今日はお客の入りが多いみたいだし・・。
-----------------------------
その前にちょっと教えていただきたいことがあるのですが・・。

【営業】
何でしょう?

【私】
私は身体に若干の障害を持っており、加齢と共に視界に不安があります。
そこで、ドライビングアシストシステムに興味を持っています。
例えば、トヨタのハリアーで言うところの、ミリ波レーダーを使った危険回避システムみたいなものです。
このようなドライビングアシストシステム、ステージアにはありますか?

【営業】
そう言うものはありません。
エルグランドやシーマのような高級車クラスになるとありますけど。

【私】
そうなんですか。
でも、トラクションコントロールなどはあるんですよね?

【営業】
えーと、(カタログを見て)3.5リッター車ならありますね。
メーカーオプションになりますが。

【私】
2.5には設定が無いんですね?

【営業】
はい。

【私】
では、3.5で見積りを取って下さい。

【営業】
メーカーオプションはどうします?

【私】
これからカタログをよく見て検討します。

【営業】
わかりました。
では、見積りの準備をします。
(と言って離席し、まもなくして戻って来た。)
オプション関係、決まりました?

【私】
これ(↓)をつけてください。
★プレミアムパッケージ(パワーシート、エアコン後席吹き出し、本革など)
★電動サンルーフ
★ナビゲーションシステム
★イモビライザーなど
(※レガシィツーリングワゴンのADA付車とADA以外の装備&機能が同じになるようオプションを選びました。)

【営業】
わかりました。
(見積りを作り始める。)

【私】
お願いします。


5分程経過する。


【営業】
このような金額になりますね。
(と言って、総支払い金額の欄を指で指す。)

【私】
込みで4,258,800円ですかぁ。
-----------------------------
《心の声》
たしか、レガシィツーリングワゴンの同仕様車は400万円を切っていた(※込みで399万円)よな〜。
ステージアの方が高いのか。
-----------------------------

【営業】
ハイエースは下取りに?

【私】
いいえ。
今はまだ決めていません。

【営業】
そうですか。
まあディーゼル車ですから、下取りに出しても、相当安くなっちゃいますよね。

【私】
(カチッ:以下ムッときた意味です。笑)
そんなモンですかね。
あと、メーカーオプションは決めましたが、その他、ディーラーオプションとかには、何かお奨めのものはありませんか?

【営業】
特段、これと言ってはないですね。

【私】
そうですか。
さっき実車に乗ってみて、前と後の見切りが悪いように感じたのですが、コーナーのソナーとかは無いんですか?

【営業】
ありますよ。
ただ、乗っていれば慣れるから必要ないと思いますけどね。

【私】
(カチッ)
値引はどのくらいですか?

【営業】
マイナーチェンジしたばかりなので、10万円まででしたら私の方で何とか出来ますけど。

【私】
なるほど。
そんなもんですか。

【営業】
少しなら、用品をサービスすることはできます。
ステージアの他にご検討の車はありますか?

【私】
ハリアー、レガシィ、アコードワゴン、と言ったところです。
これらの車と比較して、ステージアが優っているのはどこですか?

【営業】
ハリアーは、ジャンルが違いますから、比較のしようがないですねぇ。
レガシィはよく競合しますけど、殆どのお客さんはステージアにしてますよ。
アコードワゴンはよくわかりませんね。
-----------------------------
《心の声》
ホントかウソかわからないけど、納得できない回答だなぁ。
「なぜ大半のお客がステージアを選んでいるのか」、説明が全く無いし。
-----------------------------

【私】
試乗はさせてもらえますよね?

【営業】
出来ますよ。
ただ、今あるのは2.5リッター車ですが。

【私】
車のサイズは一緒ですよね?

【営業】
はい、一緒です。

【私】
試乗をさせてもらう際、自宅の車庫に入れられるかどうか確認しに自宅まで行きたいのですが、構いませんか?

【営業】
試乗はコースが決まっているんです。

【私】
では、そのコース以外は駄目ということですか?

【営業】
土日は試乗される方が多いので・・。

【私】
自宅まで10分もかからなくても、ですか?

【営業】
平日なら何とかできるんですけどね。

【私】
そうですかぁ。

【営業】
では、試乗に行きますか?

【私】
(カチッ)
いや、結構です。
見積りもいただきましたし、今日はこれで帰ります。

【営業】
そうですか。

【私】
ありがとうございました。
(店を出る。)


《【購入記その4・ステージアを見に日産店へ行く】終わり》


┌────────────────────────────
│感想
└────────────────────────────
 ------------------------------------------
 ★お店の魅力に関して
 ------------------------------------------
店自体は、清掃も行き届いており、いい感じです。
ただ、対応は決して良いとは言えません。

社員のみなさんは、各々一生懸命仕事をしておられると思います。
しかしながら、フロントやカウンターに着席している人は、とりわけ入り口のドアの開閉には、もっと反応すべきだと思います。
お客が入ってきても出迎えない、など場末の安ビジネスホテルと変わりません。

あと、最後までお茶が出されなかったのは寂しかったです。(涙)


 ------------------------------------------
 ★商品ディスプレーの魅力に関して
 ------------------------------------------
展示車及び試乗車は綺麗に磨かれていました。
それぞれ、特段のドレスアップはしてありませんでしたが、グレードや価格を示すPOP材が付けられ、商品情報の”わかり易さ”に注力している跡がうかがえます。

ただ、試乗車は、若干くたびれた印象を受けました。
表面は綺麗にしてあったものの、運転席足下に土埃が残っていました。
ボディーカラーが地味だったことが、少し災いしているかもしれません。


 ------------------------------------------
 ★商品の魅力に関して
 ------------------------------------------
ステージアならではのセールスポイントはよくわかりませんでしたが、車としては悪くないような気がします。

しかし、今回私は、ドライビングアシストシステムが搭載されている車を買おうとしています。
ステージアにはそのシステムが無く、選考から漏れそうです。


 ------------------------------------------
 ★販売担当者の魅力に関して
 ------------------------------------------
この方と私は、年齢的にはそう変わりはないと思います。
しかし、彼は、これまで出会った自動車営業担当者の中で、最悪でした。(涙)

彼は、終始、私が車に何を求めているのか理解する気が無かったようです。
彼の営業実績の良否についてわかる由もありませんが、彼の、売り込みの無い、横柄な態度から強く感じたのは、「買うのであれば、売ってやる」という姿勢です。

もしかすると、私は彼から、「買わない(買えない)客だ」、と予断されていたのかもしれません。
だとすると、彼が上述の姿勢を貫いたことに加え、「どうぞゆっくりと車をご覧ください」などの言葉も無く、色んな場面で私を放置したのがわかります。

来店前の電話から感じられた横柄さが入店後まもなく現実となり、正直私は、彼とコミュニケーションをとる意欲を無くしました。
彼は、「商売たるもの、コミュニケーションをとる努力をお客に求めてはいけない」ということさえ知らないようなので、私のこんな気持ちなど、想像だにしていないでしょう。

私は、ステージアを購入するとしても、この販売店では買いません。
アフターサービスを受ける際、彼を通すのかと思うと、気が滅入ります。

いや、恐らく、ステージアは買わないでしょう。
一部の熱狂的な”特定車種に対するファン”を除いて、私のような個人客の大半は、どんなにメーカーが一生懸命作っても、「買うor買わない」を、価格を含む商品性よりも、販売店の対応力、もっと端的に言えば、営業担当者の姿勢で決めてしまうのではないでしょうか。


┌───────────────────────────────
│現時点での私の〇〇日産でステージアを買いたい度数
└───────────────────────────────

■お店の魅力→2点
■商品ディスプレーの魅力→0点
■商品の魅力→1点
■販売担当者の魅力→1点
(※いずれも10点を満点とした場合の評価)


「購入記その5・ハリアー&レガシィツーリングワゴンのレンタカーを借りる」へ進む→

←ひとつ前のページへ戻る
←このコーナーの先頭のページへ戻る



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/26685629