2000年02月07日

《Q1》「競合優位」とは何ですか?

弊社は、「競合優位(competitive advantage)」を、<販売対象のお客さまから対価を頂くに足る、競合商品&企業には無い価値(ベネフィット)>、と解釈しております。
競合優位の好例として、マツダのスポーツカー”RX-8”が挙げられます。
RX-8の主たる競合優位は、マツダ独自のロータリーエンジンにあります。
ロータリーエンジンは、世の中のほぼ全ての車が搭載しているレシプロエンジンとは構造を異にするエンジンで、スポーツカーがエンジンに求める「軽量」「コンパクト」「ハイパワー」を兼ね備え、ドライバーへ「人馬一体的なスポーツドライビングが堪能できる」という独自価値(ベネフィット)を提供しています。
ロータリーエンジンが搭載されていることを理由にRX-8を購入なさるお客さまは、少なくありません。
あなたさまが「人馬一体的なスポーツドライビング」に強い欲求をお持ちでしたら、RX-8と引き換えに300万円支払うことは、高確率で満足度の高いお買い物になります。

余談ですが、「競争優位」と表記しないのは、「争」という文字と意味に違和感を覚えるからです。
弊社は、ビジネスを、<お客さまと社員の満足を最大化するべく、競合企業と自助努力を尽くし合う行為>、と解釈しております。



▼その他弊社情報検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要よく頂く質問

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/50367341