2006年06月06日

レストランS(エス)で麻依子さんと秀博さんのご婚約を祝うの巻

082e8422.JPG彼女の高校からの親友である麻依子さんが、この度めでたく婚約された。
そこで、我々は、今晩、麻依子さんとご主人となる秀博さんをレストランS(エス)へ招き、婚約祝いを行った。
麻依子さんと秀博さんが知り合ったのは、昨年の10月。
バトミントンから始まった恋は、9ヶ月の月日を経て、結婚へと昇華した。

お二人は、今、完全にラブラブ状態だった。(笑)
お二人は、三分に一度、お互いを見詰め合っておられた。(笑)
ホストの我々は、料理を完食することなく、「ご馳走さま」となった。(爆)

お二人は、今月末に、ハワイでセレモニーを挙げられる。
お二人の前途を心から祝いたい。(礼)

ちなみに、今回利用したレストランS(エス)は、著名ワインソムリエ、田崎真也さんが経営するフレンチレストランだ。
フランス料理とワインに加え、スマートなサービスをリーズナブルな値段で楽しめる数少ないレストランのひとつだ。
実は、今回もこの店のスマートなサービスに、とても助けられたのだった。(笑)

色々事情があり、婚約祝いとして、この店を予約したのは今日のお昼だった。
予約をした彼女は、管理職へ昇進してからというものバタバタモードで、席を確保したしたものの、カップルへの計らいは特段考えていなかった。
まあ、それはそれでダメではない。
が、基本的に結婚は一生に一度のことゆえ、入店後それを知った私は、何かできることをした方が良いのではないか、と勝手に考えた。

私はこの手については素人だ。
そこで、馴染みのウェイトレスさんを呼び止めて、「今日は婚約したカップルをゲストとして招いているのだけど、二人を何かで祝えないですかね?」と尋ねた。
すると、彼女は、嫌な顔ひとつせずに、「では、デザートに『Happy Wedding』と書いてみるのはいかがでしょう?これなら、今からでも十分できますよ。」、と提案してくださった。
私は、勿論一つ返事でOKした。

前菜、メイン料理がそれぞれ済んだ。
そして、「Happy Wedding (名前)」と書かれたデザートが麻依子さんと秀博さんの前に出てきた。
お二人はサプライズすると共に、感激してくださった。
我々はホストとして面目躍如(?・笑)した。

スマートなサービスを完遂するには、深いホスピタリティはもちろんのこと、優れた変化対応力&提案力が欠かせない。
彼女のスマートなサービスに、心から敬意と感謝を表したい。(礼)



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要(筆者と会社)年別投稿記事/2006年

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/50490719
この記事へのコメント
先日はどうもありがとうございました。
素敵なレストランでお祝いしていただいて、感謝感謝です。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 秀博 at 2006年06月10日 00:26
秀博さん、コメントをありがとうございます。
こちらの方こそよろしくお願い申し上げます。(礼)
末永いお幸せを祈念しております!

追伸)
裏のドタバタをお見せして、少し恥ずかしいです。(笑)
Posted by at 2006年06月10日 06:06
5
お互いの彼を紹介し会おう!と軽い気持ちでお会いしたのですが、思いがけずとてもお洒落なお店で素敵な時間を過ごせて、良い記念になりました。本当にありがとう御座います。堀さんとアヤカのときには是非にお祝いさせてくださいね♪
これからもどうぞ宜しくお願いします。
Posted by マイコ at 2006年06月11日 00:07
5
この会食会がお二人にとって良い記念になったとのこと。
嬉しい限りです。
その節はよろしくお願い申し上げます。(笑・礼)
Posted by at 2006年06月11日 07:26