2006年08月17日

8歳の子供によるレーサーXのギタープレーにノックアウトされるの巻

私は、中学から大学へかけて、エレキギターをプレーしていた。
そう。
私は”ギター小僧”だったのだ。(笑)

もちろん、ギターは今でも大好きだ。
プロアマ問わず、私よりも上手にプレーする人を無条件に尊敬している。(笑)

今日、ウン十年ぶりに、「プレイヤー(9月号)」というミュージシャンのインタビュー雑誌を、スターバックスコーヒーを飲みながら、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI店で座り読みした。(笑)

Player (プレイヤー) 2006年 09月号 [雑誌]
プレイヤーコーポレーション
2006-08-02


その中で、かつてMR.BIGでギターをプレーしていたポール・ギルバートさんが、Google Videoにアップされている、8歳の子供によるレーサーXのギタープレーについて、以下の旨のコメントをしていた。

イングヴェイ(マルムスティーン)が弾くフレーズは数学的。
自分(=ポール・ギルバート)が弾くフレーズは非数学的。
ゆえに、自分の演奏の方が解析し難い。
もちろん、彼(=8歳の子供)が自分のフレーズを弾きこなせているのは素晴らしい。
が、自分のフレーズを解析できていることは、それ以上に素晴らしい。



Rising Force
Yngwie Malmsteen
Fontana Polydor
1988-04-07




Second Heat
Racer X
Shrapnel
1990-10-25


ポール・ギルバートさんが激賛しているプレーを見逃すことはあり得ない。(笑)
帰宅後、早速観た。(笑)


※Google Videoがサービスを終了した為、youtube版を以下再掲します。(2014年3月13日)


感想は、「スゴイ!」、の一言。
私は、8歳の子供とは到底思えない高度なギタープレーにノックアウトされた。

なぜ、ギターをプレーをする(ようになった)のか?
なぜ、自分の時間、エネルギー、集中力の限りなく全てを、同年代の友達がやっていることに対してではなく、ギターをプレーすることに対して積極投入してきたのか?
私は、この二点にとりわけ興味を抱いたが、わかるはずが無い。(涙)

が、彼のプレーを見て、ひとつわかったことがある。
それは、「彼は、ギターでプレーすることを楽しんでいる」、ということだ。
彼は、プレー直後、8歳の子供らしい、何とも愛くるしい笑顔を見せている。
もし、彼が、両親から、同年代の友達と遊ぶことを一方的に禁じられ、かつ、ギターを練習するよう絶えず強いられているとすれば、このような笑顔は出ない。

私は、彼のプレーを観て、以下の二つを再認識した。

1.物事を成し遂げるのに必要なのは、多くの時間ではない。
2.物事を成し遂げるのに必要なのは、集中&徹底している過程(=プロセス)を積極的に楽しむことである。

ちなみに、私は、天才とは、集中&徹底している過程を「独力で」積極的に楽しめる人のことを指す、と考えている。
もし、彼が天才であるならば、「プレイヤー」のCDレビューで取り上げられるのも、そう遠くないはずだ。
私は、彼のその後を確認するべく、「プレイヤー」を定期的にチェキしなければならないようだ。(笑)



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要(筆者と会社)年別投稿記事/2006年

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/50562358
この記事へのコメント
はじめましてフジイと申します。論理的なスタイルのコメントはとても参考になり、たまに貴HPに訪問しています。私も車と同じくらいギター大好きなのでポールギルバートのコメントはなかなか上手い表現に感じます。イングヴェイは数学的。なるほど。深読みしてみると「自分のプレーを解析してるがハートまではコピーできないよ」とも取れなくもない。その子にはこのままギターに興味を持ち続けて欲しいと思います。8歳じゃこれから色々誘惑されそうですからねぇ。
Posted by フジイ at 2006年09月30日 10:32
フジイさん

はじめまして!
コメント初投稿をありがとうございます。(礼)

> 論理的なスタイルのコメントはとても参考になり、
お褒めいただき光栄です。(礼)
私はO型で、実は、非論理的な思考&言動を志向する人間です。(笑)
論理的な文章表現を心がけているのは、上述の人間性が災いし、読者さまへ伝えたい本意が別の意で伝わってしまう可能性を最小化したいから、だったりします。(笑)

> 8歳じゃこれから色々誘惑されそうですからねぇ。
大昔のインタビューで、エディが、「自分は、初体験を済ませた後、まもなくしてギターを弾き始めた」旨を述べていた記憶があります。
このことの真偽は勿論わかりませんが、この少年が、彼に比肩する、天才ギタリストのDNAを持っているならば、誘惑で自らを見失うことはないような気がします。
というか、そうあって欲しいです。(笑)

またのコメント投稿をお待ちしております。(礼)
Posted by at 2006年09月30日 17:59
ありがとうございます
エディがそんなこと言ってたの知りませんでした。
そうですね、楽しんで弾けるうちは大丈夫でしょうかね。自分は「モテたい」から始めましたが、のめり込んで弾いてるとそんな気持ちはどこか飛んでいた事を思い出しました。
Posted by フジイ at 2006年10月01日 09:48
フジイさん

早々にまたのコメントをありがとうございます。(礼)

> そうですね、楽しんで弾けるうちは大丈夫でしょうかね。
同感です。
人から強制されているのではなく、自らの意思で、楽しんでやっている行動は、成果の向上が著しいことも手伝って、病みつきになる可能性が大です。

> 自分は「モテたい」から始めましたが、のめり込んで弾いてるとそんな気持ちはどこか飛んでいた
フジイさんのギターに対する真摯な姿勢に、心から敬意を表します。(礼)
ひょっとして、フジイさんも、エディに比肩する、天才ギタリストのDNAをお持ちなのでは?(笑)
Posted by at 2006年10月01日 22:49