2008年06月22日

Iさんとオフ会を実施して「本web(ブログ)のコンテンツは今後も細部まで抜かりなく創りこむべし!」と決心するの巻

昨日、Iさんとオフ会を実施した。

これまで私は、Iさんとメールで数回コミュニケートさせていただいていた。
これまでIさんは、本web(ブログ)を熟読くださっていた。
だから、私は、初対面感ゼロ&膝詰めで、教示と触発に富むオフ会を実施することができた。

Iさんとオフ会を実施して決心したのは、「本webのコンテンツは今後も細部まで抜かりなく創りこむべし!」ということだ。
というのも、読者さんが本webのコンテンツを想像以上に熟読&活用してくださっていることを、つくづく知ったからだ。
「webは、運営者のアイデンティティであると同時に、公共財である」。
そう考える私は、以下の一心でコンテンツを創ってきた。
「不肖私の主張、及び(又は)、主張のロジック&プロセスが、少しでも読者さんのお役に立てれば!」。
「検索エンジン等何らかの媒体をキッカケに、コストをかけて不肖私の主張をお目通しくださった方には、相応の謝意と報いを提示しなければ!」

竹中平蔵さんがよく使う言葉に「戦略は細部に宿る」という言葉がある。
竹中さんがこの言葉に込めた思いに共感する私は、これまで、幾度と無く「ここまでこだわらなくても良いのではないか?」と自問し、時に数時間かけたりしながら、一節一節書いてきた。
だから、いずれのコンテンツも、創った時点では自己ベストであり、先述の一心はそこそこ達成されていると自負していた。

ただ、驚いたことに、Iさんは、本webのコンテンツをプリントアウトし、携行してくださっていた。
さらに、企画書を作成する際、フレームワークやアイデアとして活用くださっていた。

私は、読者さんが本webのコンテンツをこんなにも熟読&活用してくださっていることを、つゆも想像していなかった。
私は、驚きと嬉しさと恐縮さが入り混じった複雑な(?・笑)感情を抱き、先述の旨決心した。

お気遣いに富むIさんは、「是非(本webを)本にしてくださいよ!私、絶対買いますよ!」とおっしゃってくださった。
私は、Iさんのお気遣いに甘えることなく(笑)、決心を貫きたい。

末筆だが、ありがたいお土産を持参の上貴重な休日に栃木からご上京くださったIさんへ、この場を借りて改めて感謝したい。(礼)






▼その他記事検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要(筆者と会社)年別投稿記事/2008年

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/51549749
この記事へのコメント
3
堀さん

Iこと、もえもえです。
ブログに取り上げていただき、恐縮です。m(_"_)m

感謝申し上げるのは、全く以って私の方でありまして、オフ会当日のご高配やら、本ブログ・コメント欄での書きたい放題まで含め、堀さんのフトコロの深さに救われている次第です。

堀さんが本を執筆されるのであれば、是非とも読んでみたいと思っています。
個人的には、本ブログを取捨選択した上で、具体的事例として「新車購入活動記 完成版」が収録されていれば、何も言う事はないのですが‥‥‥。

今後とも、今まで以上に、宜しくお願い致します。m(_"_)m
Posted by もえもえ at 2008年06月24日 18:55
もえもえさん(Iさん)

こんにちは、堀です。
コメントの投稿をありがとうございます。(礼)

> 堀さんのフトコロの深さに救われている次第です。
お心遣いをありがとうございます。(礼)

> 具体的事例として「新車購入活動記 完成版」が収録されていれば、
これが最大の難関かもしれません。(笑)
心得ておきます!

> 今後とも、今まで以上に、宜しくお願い致します。m(_"_)m
私の方こそ、今後ともよろしくお願い申し上げます。(礼)
Posted by at 2008年06月25日 07:24