2009年05月21日

韓国政府が脱北者に対し思考&行動習慣の矯正を行っている旨のニュースを見て、「I think」に基づく思考&行動習慣を奪う功罪について考えるの巻

今朝たまたま見たニュースによれば、韓国政府は、脱北者に対し、思考&行動習慣の矯正を行っているという。
脱北者の多くが、「I think」から始まる意思表示ができず、社会生活に馴染めないからだという。

私は、世界情勢に不勉強なことも手伝って、この事実に衝撃を受けた。
「I think」から始まる意思表示ができないということは、「I think」に基づく思考&行動習慣が無いことを意味しているからだ。
「人間は考える葦である」と言うように、「思考すること」と「判断すること」は、人がとりわけ実行すべき思考&行動習慣であり、創造力の源だ。
実行できない人は、もはや、機械や獣であり、人ではない。
次に、私は、この事実になるほど感を抱いた。
政権者が、国民から自由を奪うには、「I think」に基づく思考&行動習慣を奪うことがとりわけ有効であるからだ。
自由とは、自らの意思でオプションを案出→選択→実行できることだ。
「自由を奪われた」、即ち、「オプションが無い」国民は、政権者の考えに盲従する以外無い。

最後に、私は、この事実から教訓を得た。
社員の「I think」に基づく思考&行動習慣を奪うことで経営が成立している企業は、持続的な発展が困難であるのを、確信したからだ。
企業の発展のガソリンは収益であり、収益をもたらす競合優位は、社員の「I think」に基づく思考&行動習慣が創出する。
企業が持続的に発展するには、社員の「I think」に基づく思考&行動習慣を奪うのではなく、促すことが欠かせない。



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要(筆者と会社)年別投稿記事/2009年

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/51823797
この記事へのコメント
3
細かく突っ込むと、色々と陰が見えて来そうなネタですが、
昨今の日本人も、この手の話を笑えなくなって来たよなぁ、
と思う事が少なくないですね。

特に、マスコミが大々的に報道している事象については、
必ずネットなどを介して自分なりの裏付けを取る、
という形の自己防衛 = I think する事が、
必須になるかもしれません。

が、思考停止 or 面倒などの理由で、
それをしない人も少なくないんですよねぇ。
かく言う私も、自分の興味埒外のネタになると‥‥‥。(汗)
Posted by もえもえ at 2009年05月22日 07:57
もえもえさん

こんにちは、堀です。
いつも教示に富むコメントをありがとうございます。(礼)

> かく言う私も、自分の興味埒外のネタになると‥‥‥。(汗)
me tooです!(大汗)

脱北者が「I think」に基づく思考&行動習慣を持っていないのは、生を脅かされてのことと推量しています。
現状日本国民は、ありがたい(しあわせな)ことに、生を脅かされることなく、「I think」に基づく思考&行動習慣を、思うだけ実行できます。
だからといって、誰かれ構わずいかなる意思表示をしても良いという訳ではありませんが、たしかにもえもえさんがおっしゃる通り、可能な限り実行しない手は無いと思います。
Posted by 堀 公夫 at 2009年05月22日 08:29