2011年06月22日

田中好子さんのご主人の小達一雄さんから会葬礼状を頂戴し、故人の遺志を叶えるべき人と理由を思い知るの巻

「故人の遺志を受け継ぎます」という言葉があります。
私は、この言葉は比較的よく聞きますが、この言葉を実際に叶えている人を殆ど見ません。

なぜ、故人の遺志を受けとめた人は、「受け継ぐ」旨決心するも叶えないのでしょうか。
理由の一つは、「現世利益にならないからです」です。
故人の遺志は、基本、”その”故人が現世で叶えられなかったもので、”その”故人とは別の人間からすると、「叶えたい」と心底には思い難く、叶えても、多くは直截的な利益にはありつけません。

とはいえ、私は、故人の遺志を受けとめた人が叶えないのも、多くは致し方無い、と思っています。
なぜなら、遺された人は、明日を、将来を生きなければならないからです。
とりわけ現代のような世知辛い世の中において、現世利益にありつけないものをスルーするのは、無理からぬ話です。

では、故人の遺志を実際に叶える人は、どんな人で、なぜ叶えるのでしょうか。
私は、この問いの答えを解く鍵を、先々月お亡くなりになった田中好子(本名:小達好子)さんのご主人の小達一雄さんから授かりました。
小達一雄さんは、先々月、奥様の好子さんのお通夜に、一人のファンとして私を参列させてくださったばかりか、翌日、一ファンである私にも、最後の肉声をお聞かせくださり、さらに、先週末、一ファンである私にも、会葬礼状(葬儀参列の礼状と四十九日忌法要の完了通知)をお送りくださったのです。
キャンディーズは、私が初めて好きになったアイドルでした。数多の名曲、「みごろたべごろ笑いごろ」でのコメディな姿、楽しませて頂きました。スーちゃんこと田中好子さん、ありがとうございました。不肖私からも微笑み返し http://bit.ly/gSvR5d させて頂きます(合掌)。
http://twitter.com/kimiohori/status/61207731851378689

田中さんは、19年もの永い間、クライアントとお客さまの両方から深く愛好されていたのですね。感動しました。RT @koroniko:田中好子さんが亡くなって「揖保の糸」のCMはどうなるんだろう?と思ったらトップページが素敵でした.http://www.ibonoito.or.jp/
http://twitter.com/kimiohori/status/61917097055358977

今晩やはり、田中好子さんのお通夜 http://bit.ly/fEXwCj に伺いたくなりました。 http://bit.ly/fmPi6I http://bit.ly/gTnBP4
http://twitter.com/kimiohori/status/61918226157797376

昨晩、やはり http://bit.ly/hQEddF 田中好子さんのお通夜に参列しました。田中さんは、生前、ファンの参列をお望み下さり http://bit.ly/eELzdX ファン向けに祭壇を設けて下さいました。
http://twitter.com/kimiohori/status/62284916070686720

祭壇の前には数多のファンが並びました。多くは人生の先輩で、田中さんとの付き合いは、私よりも長く、深いと拝察しました。焼香を終えると、喪主のご主人が深々と挨拶下さいましたが、田中さんも天国で深々と挨拶下さっていることでしょう。
http://twitter.com/kimiohori/status/62291392105426945





拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます
先般 亡妻 小達好子(芸名 田中好子)儀 葬儀に際しましてはご多用中にもかかわらず わざわざ会葬を賜り 且つご鄭重なる御厚志を賜り有難く厚くお礼申しあげます
お陰をもちまして本日
春芳院妙純日好大姉
四十九日忌法要を滞りなく相済ませました
早速拝趨の上お礼申し上げるべきところ略儀ながら書中を持ちまして謹んでご挨拶申し上げます
敬具
平成二十三年六月八日
喪主 小達一雄
    親戚一同

小達一雄さんが、一人のファンとして私を葬儀に参列させてくださったのも、一ファンである私にも最後の肉声をお聞かせくださった、会葬礼状をお送りくださったのも、いずれも、「女優田中好子の第二章をスタートする」という好子さんの遺志を叶えるために違いありません。
私は、小達一雄さんが、好子さんの遺志を叶えるべく、「今の自分にできること」をかくも徹底してやり遂げておられるさまとそのお気持ちに、深く感動しました。
そして、故人の遺志を叶えるべき人が、故人の心と志に生前から今際の際まで最も近接して寄り添い、自らのそれらと同様かそれ以上に認識している人であるのを思い知りました。

不肖私も、亡き母の遺志を一つ受け継いでいます。
その内容についてはまた別に機会に述べますが、今のところマズマズ叶えていると自画自賛しています。(笑)
私は、一ファンの私を好子さんの遺志と結び付けてくださったばかりか、母の遺志を私が終生叶えるべき理由に気づかせてくださった小達一雄さんに、以下の礼状と併せて、重ねて感謝いたします。(敬礼)


★ご参考:会葬礼状に対する礼状

前略
会葬礼状のご送付、並びに、四十九日忌法要完了のお知らせ、ありがとうござまいした。
過日、「スタジオパークからこんにちは」を拝見しました。
春芳院妙純日好大姉さまが年を経るほど知的に美しくなっていくさまを拝見し、教示頂いた人生の有意義さを改めて嚙み締めると共に、今なお一番近接して寄り添っておられる貴兄に改めて敬意を表します。
心身共に大変な中のお心遣いに、重ねて感謝申し上げます。
早々
平成二十三年六月十八日



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要(筆者と会社)年別投稿記事/2011年

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/52166781