2014年02月20日

ショートで16位に終わった浅田真央選手の、フリーでの善戦と集大成の延期を祈念するの巻

女子フィギアスケートの浅田真央選手が、ソチオリンピック個人ショートプログラムで、まさかの16位に終わった。
私がフィギアスケート観戦をたしなむようになったのは、妻と結婚する少し前の、荒川静香選手がトリノで金メダルを獲得した時分からで、「にわか」フィギアスケートファンに分類されるだろうが(笑)、浅田選手のフリープログラムでの善戦と集大成の延期を祈念し、この結果に対する所感と思考の核を取り急ぎ記したい。

先ず、非難や後出しジャンケン呼ばわりを覚悟して言うが、私は、浅田選手がソチオリンピックでメダルを獲得するのは厳しいと思っていた。
というのも、浅田選手は、前回のバンクーバーオリンピックで銀メダルを獲得した後、自身の代名詞、或いは、自我の最たると言うべきトリプルアクセルを封印してフォーム大改造に取り組み始めてからというもの、基本的にずっと安定感と精彩を欠いていたからだ。
本件は、私に限らず、フィギアスケート観戦を趣味にしている人なら、相応に同感いただけよう。
ただ、私は、「にわか」ファンではあるが、更に、本件の根本原因を「勝負と自我のジレンマ」と推断していた。

本事項は、「『勝負に勝つこと』と『フィギアスケートを好きで居続けること』のジレンマ」とか、「『勝負に勝つ為のプレイ』と『自分らしい、自分であるが為のプレイ』の折り合いがつけられないで居ること」と言い換えた方がわかり易いかもしれない。
要するに、何事も勝負を分かつのは凡そ加点よりも減点、つまり、ミスであり、勝つには合理と確率を最優先し、ミス無くプレイするのが賢明に違いないが、浅田選手の様なトップレベルプレイヤーからすると、元々プレイそのものが誰かから強いられて始めたことではなく、自分から好きで始めたことであり、かつ、技術と実力をハイレベルに会得してしまっている為、合理と確率を最優先してプレイすることがあざとく、詰まらなく、自己実現から遠のく様に見えてしまい、自我との折り合いがいよいよつけられない、ということだ。
浅田選手が高得点かつ高難度のジャンプに固執し、演技構成から外さず、対する金妍兒(キム・ヨナ)選手は固執せず、演技構成に含めないが、それは本事項に起因していよう。

本事項は、フィギアスケートに限らず、いずれの世界のトップレベルプレイヤーも陥りがちだ。
例えば、イチローが近年ヒットに恵まれない主因も、独特のハイレベル・バットコントロール技術に固執し、打ちにいかなくてもいい、否、打ちにいくべきではない球を益々打ちにいっているからだ。
ちなみに、イチローは、少し前インタビュー番組(「プロフェッショナル」)で、「自分が今野球をプレイしている動機は、野球が楽しくて楽しくて仕方なかった幼い時分のそれとは別物で、今の自分は、幼い子どもに『楽しいよ!』と野球を素直に勧めることができない」と吐露していたが、これは今の浅田選手も同感だろう。

イチローと浅田選手の苦闘から改めて気づかされることの一つは、動機の純粋性は両刃である、ということだ。
要するに、特定の物事を始め、そして、続ける(専心する)動機の根本は、「好きだから!」や「自分らしいから!」といった純粋なモノで良いし、また、純粋であって然るべきだが、それだけでは長く勝ち続けられない、ということだ。
動機の純粋性は、純度が高ければ高いほど、技術の向上や勝利の経験、つまり、初期の成功体験を強く後押しするが、同時に先述の「勝負と自我のジレンマ」を招き易く、却って新技術の開発や勝利の持続的な経験、つまり、長期的な成功体験を妨げる可能性がある。
イチローと浅田選手の動機は高純度に違いない。
「成功体験はアダになり易い」と言うが、両者は今、不意かつ不本意なアダに対峙しているのかもしれない。

トップレベルプレイヤーが「勝負と自我のジレンマ」に打ち克つのに、何か術は無いものか。
私は、「『勝負に勝つ為のプレイ』と『自分らしい、自分であるが為のプレイ』の折り合いがつけられないで居る」という原点に立ち返り、「『勝負に勝つ為のプレイ』と『自分らしい、自分であるが為のプレイ』の折り合いをつけること」こそ王道と確信している。

では、具体的にどうしたら、「勝負に勝つ為のプレイ」と「自分らしい、自分であるが為のプレイ」の折り合いをつけられるものか。
浅田選手にはとりわけ良い好例、ヒントがある。
私は過日偶然、荒川静香選手がトリノで金メダルを獲得したドキュメント番組(「NHKアーカイブス『荒川静香 金メダルへの道』」)を見たのだが、何と荒川選手はこのジレンマを、イナバウアーを復活させることでブレークスルーしていたのだ。
事のてん末はこうだ。
荒川選手は、トリノへ行く三ヶ月前、コーチをタチアナ・タラソワさんからニコライ・モロゾフさんに変える決断をした。
この決断は、「今の自分には、同じリンク上で、手取り足取り直接指導されれることが最善かつ必要」と考えてのことだったが、間もなく、モロゾフコーチと作り上げた「100%勝つ為の演技構成」に違和感を覚えた。
すると、モロゾフコーチはそれを理解し、荒川選手に「〔・・・と・・・の演技の間の〕5秒をあげよう。この5秒に、自分ならではの、自分にしかできないプレイをするといい」と提案した。
荒川選手は驚くも、感心してこの提案を受けた。
そして、〔・・・と・・・の演技の間の〕5秒に入れるべき「自分らしい、自分であるが為のプレイ」は何か熟考し、かつての得意技のイナバウアーに思い当たった。
結果、荒川選手は、「勝負に勝つ為のプレイ」と「自分らしい、自分であるが為のプレイ」の折り合いを見事につけ、自信と矜持を胸に秘め、トリノでプレイを心底楽しんだのだった。

 

金メダルへの道
荒川 静香
日本放送出版協会
2006-09


恐縮だが、浅田選手がこの好例からまねぶべきは、最低二つある。
一つは、「そもそもジレンマに折り合いをつけるのは、決してできないことではなく、また、決して潔くないことではない」、と心底理解することだ。
そして、もう一つは、「『勝負と自我』の折り合いをつけるには、モロゾフコーチが提唱した『バーター』の思考とロジックが精神衛生上とりわけ有効だ」、と心底理解することだ。
たしかに、今日の浅田選手を作リ上げたものの一つは、自身の「強固な意思」に違いない。
しかし、近年その強みは、どうも本来の強みよりも、背反する「強情さ」や「融通/応用のきかなさ」といった弱みに多く転化しているように思えてならない。

浅田選手は23才とまだ若い。
私は、「にわか」ファンではあるが(笑)、浅田選手の本当の集大成を是非この目で見たい。



★追記/ご参考:本ブログ記事をリンクしたfacebook上で、友だちの若林さんから頂戴したコメントと私のレス


  • 若林 邦治 浅田真央選手の演技、予定してなかったものの生で見ることができました。見ていて私も荒川選手と浅田選手の差は何なのか。と考えておりました。やはり勝てるプレイの差としか思えなかったのですが、実は最近イチローと落合のプレイヤー考をずっとしていまして、これまた似たような差があるのでは??とも感じたところです。とにもかくにも、彼女には勝てるスケートを成就してからプロに行ってほしいと心から思います。
  • 堀 公夫 若林さん、こんにちは。若林さんのお気持ちも私の気持ちですw。
    落合さんとイチローの比較所感も同感です。落合さんは終生安打という結果とその褒賞としてのカネwを一義にバットを振り続けたのに対し、近年のイチローは安打という結果より、「どんな球でも安打にできる!」旨の独自のバッティング理論の実践実現を一義にバットを振り続けている印象があります。
    私は、日本人は何事にも「動機の純粋性」をよしとし、物事をとかく「善悪」の基準で見てしまう、評価してしまう嫌いがある、と思います。勿論、物事を「善悪」で評価することは
    決して悪いことでなければ、間違いでもありません。しかし、物事のうち特に勝負は、一定の客観的かつ合理的な基準で「勝ち負け」という結果を評価算出することであり、「善悪」という主観的な基準が馴染み難い、ないし、却って混乱や妨げに成る場合が少なくありません。よく「自分らしくプレイしたのだから、勝てなくてもいいじゃないか!」との極論&暴論が大衆の支持を得たり、感動をよび起こすのは、このためだと思います。
    然るに、私は、勝負はやはりやる以上勝つべきで、「勝つ為のプレイ」を最優先すべきだ、と思います。「自分らしいプレイ」は勝負以外のショーの類で最優先すべきだ、と思います。今朝のフリープログラムだけを見ても、たしかに浅田選手は自我の最たるであるジャンプを8回も飛び見事自己ベストスコアを叩き出されましたが、それでも、ワンミスのソトニコワ選手やほぼノーミスのヨナ選手にスコアで勝てませんでした(浅田:73+69=142、ソトニコワ:75+74=149、ヨナ:69+74=144)。これは、浅田選手が「自分の為のプレイ」を最優先し、そして、ソトニコワ選手とヨナ選手が「勝つ為のプレイ」を最優先した当然の結果であり、浅田選手は「負けるべくして負けた」と言っても過言ではない、と思います。
    ただ、私はそもそも、浅田選手は「勝つ為のプレイ」も十二分にできる稀有な天才選手だと思っています。
    そして、この意味においてブログ本文でしつこくのたまっている通りw,浅田選手には是非集大成を延期いただき、選手として本当&本来の集大成を果たしていただきたいのです。
  • 若林 邦治 さすが堀さん!というか、やっぱり!(笑)点数まで分析しているとは!それにしても、あれだけ金候補と言っておきながら、「自己ベスト 取れれば浅田は 金メダル」という湾曲した報道しかしない、そしてそれをよしとする日本人に辟易しちゃいます。そして、「自己ベスト 出せればみんな 1等賞」という感情。怖いですね。今回の件で一番怖いのは、才能ある後進の選手がどこかで今回の件を誤解し、「真央ちゃんは、メダルを取らなくても評価された。」そして「自分が満足いく滑りができればOK!」と考えるような事になったとき。日本のフィギュアスケート界は終わってしまうのではないかとすら思うのです。やはり、浅田選手には最後まで金にこだわってほしいし、その才能を持っているので発揮してほしい。本当にそう思います。
  • 堀 公夫 若林さん、こんにちは。はい、不肖私、「にわか」ながら「オヤジ」フィギアファンなので、「滑りがキレイ!」とか「上手く回れた!」だけで終わらないようw。近年はしつこくw,スコアを技術点と演技構成点の両面から分割評価し、勝敗因をできるだけ合理的に理解するよう努めています。
    勝敗因を合理的に理解するようになって分かってきたことの一つは、フィギアスケートの勝負は直接的には「曲」で決まるということです。なぜなら、演技する「曲」を何にするかで、最終的に、審査員にいかなる世界観や印象を与えられるか、いかなる技術や演技をプログラムに構成できるか、そして、いかほどのスコアが最高時と最低時のそれぞれで見込めるか、が凡そ決まってしまうからです。
    このことは、私たちが日々行っているビジネスや一般の会社に置き換えると理解が早まるかもしれません。誤解を怖れずに言えば、フィギアスケートにおける「曲」は一般の会社では「商品」であり、「曲」の選択と「プログラム」の構成は「(事業)戦略」です。つまり、フィギアスケートもビジネスも、勝ちたければ、利益を出したければ、先ず審査員や顧客といった最終評価者からいなるスコアや利益をいかほど授かるかを想定し、その逆算のもと、然るべき「曲」や「商品」を、更には、それらを構成する演技や技術を選択、開発していかねばならない、というか、さもなくば、結果的に勝ち難い、儲け難い、ということです。私がフィギアスケート観戦をたしなむようになった一番の理由は妻の影響ですがw、「にわか」ながらもかれこれ10年弱続いているのは、この様に、ビジネスに通底しているからです。
    そして、だからこそ、私は浅田選手のフリーの自己ベストを、両手をあげて喜べないのです。たしかに、浅田選手は、前日のショートの惨敗感を見事払拭し、殆どノーミス(※一部ジャンプ回転不足の減点アリ)で自己ベストを叩き出されましたが、フリー単独でも1位に立てませんでした(3位)。これは、浅田選手の実力が1位に立つには不十分だったというより、浅田選手がフリーで選択した「曲」、そして、「技術」と「演技構成」から成る「戦略」が、1位に立つには元々合理的でなかった、「勝つことを最優先した、勝つ為のプレイ」でなかった、ということだと思います。オリンピックはショーではなく、勝ち負けを決する競技です。先ず浅田選手のブレインやスタッフが、浅田選手が1位に立つ為のスコアをゴールセッティングし、その達成確率を最大化する「曲」を選択&「プログラム」を策定する。そして、その「勝つ為のプログラム」、「勝つ為のプレイ」を浅田選手に理解、納得してもらい、ソチのリンクで舞ってもらう。これらが現実化していれば、昨日浅田選手は表彰台に上がっていたと思います。
    改めてのたまいますがw,私は「自分らしい、自分であるが為の、自分の為のプレイ」を否定する訳ではありません。それはそれで大変有意義ですから。しかし、それは勝負以外の、「勝つことが一番の目的ではない場」でやるべきだ、ということです。オリンピックの様な「勝つことが一番の目的の場」では、やはり勝つべき、そして、「勝つ為の準備」と「勝つ為のプレイ」を最優先すべき、なのです。オリンピックは「オンリーワン」ではなく、「ナンバーワン」に成るべき最高の場、試練であり、「ナンバーワン」に成る為の準備とプレイをやり切るからこそ、結果的に最高の自己満足が授かれるに違いありません。
https://www.facebook.com/kimiohori/posts/10203222186978268?comment_id=7777640&offset=0&total_comments=4&notif_t=feed_comment



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページ < ご挨拶 < 会社概要(筆者と会社) < 年別投稿記事/2014年    

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/52360041