2015年04月25日

好対照の候補者と選挙運動に出くわし、二つのことを改めて気づかされるの巻

明日は地方統一選挙だ。
今朝の日課、ならぬ、週課(笑)の[早朝荒川CRロードバイク乗り]を終え、帰宅途上の7時頃のこと、私は好対照の候補者と選挙運動に出くわした。

一方は、スーツとタスキを身にまとい、某駅階段下で利用客に頭を下げていた。
もう一方は、その約10分後のことだが、運動用の手荷物を片手に、居住していると思しきマンションから足早に出てきた所だった。

私は選挙は完全門外漢だ。
「あるべき選挙運動」など全く心得が無いし、そもそも朝の運動開始時刻さえ知らない。(笑)
しかし、私が彼らのどちらかに投票しなければいけないとしたら、迷わず前者に投票するだろう。

理由は簡単だ。
前者は、「人として積極的である」という点で、後者よりも優っている(ように見える)からだ。
同時刻帯に既に現場に出、運動を開始している候補者と、運動の準備さえ開始していない候補者。
かくも好対照な候補者とその選挙運動、否、ふるまいを見せつけられれば、私に限らず、殆どの人が同様に思考、判断するだろう。

断っておくが、私は、「候補者足る者、朝イチ、人通りの多い所に出向き、顔を売るべし!」と言いたいのではない。
私は、この対照的な候補者とふるまいに出くわして改めて気づかされたことが二つあり、一つは、「モノ(ヒト/コト)を売るには『買う理由』を与えなければいけない」ということ、そして、もう一つは、「プロセス(行動)は目的的かつ目的最善的でなければいけない」ということだ。
「モノ(ヒト/コト)を売るには『買う理由』を与えなければいけない」、とはどういうことか。
私は新卒で自動車メーカーに入社したのだが、敬愛する上司の一人の口癖の一つに、「(日本人が)トヨタの車を買うには理由が要らないが、トヨタ以外の車を買うには(相応の)理由が要る」というものがあった。
私はこの言葉を初めて聞いた時、心底膝を打ったものだが(笑)、要するにそういうことだ。
候補者からすると、選挙はモノではなく、自分というヒトを売る営みであり、そこでは有権者に「自分を買うべき理由」、即ち、「自分に投票すべき理由」を与えなければいけない、ということだ。
「人として積極的である」のは政治家の十分条件ではないが、必要条件ではある。
政治家の条件、選択判断(評価)基準に通じてない私、及び、殆どの一般市民からすると、それは前者に投票する理由、前者を買う理由になるし、翻って後者には投票する理由、後者を買う理由が無い。

「プロセス(行動)は目的的かつ目的最善的でなければいけない」、とはどういうことか。
思うに、選挙運動の、それも現場をローリング(?・笑)しての選挙運動の目的は、現実問題、有権者に好印象と期待を与えることであり、その具体行動は好印象と期待の最大化を企図したものでなければいけない、ということだ。
有権者に好印象と期待を与えるには、そして、その最善を図るには、朝7時に駅下で挨拶を開始するのと、自宅を出るのとではどちらが合理的、ないし、確率論的に優れているか。
答えは言うまでも無いが、明日の深夜、もしくは、明後日の朝には明白だ。



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページ < ご挨拶 < 会社概要(筆者と会社) < 年別投稿記事/2015年

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masterhori/52418102