2005年02月26日

勘助ラーメンを食らうの巻

kansukeクライアント企業のラーメン通Kさんのお招きで、勘助ラーメン(群馬県伊勢崎市)を食べた。
大食漢(失礼・笑)のKさんに倣い、大盛チャーシュー麺と餃子を食べた。
両方共、大変美味しかった!
ラーメンは、敢えて例えるなら、土地柄、佐野系と言えるのかもしれない。
敬愛するYさんから教わり、”ラーメン自己ベスト3”に入るおぐら屋(栃木県佐野市)に近い印象を覚えた。

ただ、主人が店内で作る、平らに延ばされた縮れ麺は絶妙の食感。
(※「これをして手延ラーメンと言うんです」。by Kさん)
当然、茹で加減は計算し尽くされているのだろう。
コシとモチモチさが、何ともうまく調和している。

ラーメンを食べて、久しぶりに至福を感じた。
私は、Kさんに心から感謝すると共に、これまで以上にご支援申し上げる所存である。(笑)



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要(筆者と会社)年別投稿記事/2005年

この記事へのトラックバックURL