2005年07月03日

「マラソン」を観て涙するの巻

3fb91648.JPG品川のシネコンで、「マラソン」を観た。
そして、泣かされた。
この映画は、ここ数年来の”自己ベスト”だ。
どんな人も、幸せに焦がれ、絶えず葛藤している。
だから、自分や他者に対し、つい否定的な感情抱いたり、それに基いた愚行をしてしまう。

どんな人も、「そういう生き方は良くない」とわかっている。
でも、簡単には変われない。

どんな人も、”変わる”チャンスを得る。
そして、「今の自分と異質の他者を信じ、励まし、大事にすること、が最善の生き方である」と気づき、その為の”一歩”を踏み出す人は、”人生の成功者”となったりする。

以上が私なりのこの映画の解釈だ。
私も”人生の成功者”になりたいと思う。

人の”弱さ”を認め、”強さ”を信じる方には、この映画をお奨めしたい。
そうそう、観る時にはハンカチを忘れずに。(笑)



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要(筆者と会社)年別投稿記事/2005年

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
7月3日(日)TOHOシネマズ木曽川にて もしも、自分の子供の知能が5歳で止まってしまい、そのあとその子が何歳になろうと、ずーっと5歳の子供を育てるように接しなければいけないとしたら…。 母親は、放っておけばどこに行ってしまうか分からないその子の手を離すことが
想像以上に素晴らしかった作品◆『マラソン』【桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」】at 2005年07月10日 07:58