2006年03月25日

サイトユーザーのYさんと高品質な初面談を果たすの巻

637098d8.JPG私は、かつて某国内自動車メーカーで国内販売業務に従事していた。
そして、その経験と自説をもとに、「新車を買って後悔したくないですよね?」という新車の購入支援サイトを運営している。
二日前、このサイトのユーザーさんであるYさんから面談のお誘いを頂戴した。
Yさんは、福島に住んでおられる。
Yさんは、長きに渡り、上記サイトを支援してくださっている。
私は、Yさんを信頼している。
私は、Yさんとまだお会いしたことがない。
Yさんは、今月、会社を退職し、ITエンジニア(※オープン系のシステム開発が得意!)として独立された。
以上のことから、私もYさんとの面談を強く希望し、今日、叶った次第である。

Yさんとの初面談は、神楽坂にあるフレンチレストランで、ランチを取りながら行った。
面談時間は約二時間。
初面談にしては、決して長いとは言えない。
しかしながら、Yさんはさておき(失礼!笑)、少なくとも私は、高品質な初面談(笑)が果たせた、と思っている。

なぜ、短い時間にも関わらず、高品質な初面談が果たせたのか?
私は、その理由として、以下の五つを想起した。

一つ目の理由は、食事を介したから、だ。(笑)
食事を介したコミュニケーションは、うまくいくものだ。

二つ目の理由は、メニューをYさんの好物(=パスタ)にしたから、だ。(笑)
好物は、人を饒舌に、そして、朗らかにするものだ。

三つ目の理由は、趣味(=車)が共通しているから、だ。(笑)
共通の趣味は、話題を切らさないものだ。

四つ目の理由は、お互いが既に、相手の人となり、即ち、意思決定や判断の基準を理解していたから、だ。
人となりは、メールやwebを介したコミュニケーションでも十分理解できる。
人となりの事前理解は、面談品質をアップさせるものだ。

五つ目の理由は、生き方(=後悔しないように生きる)が同じだから、だ。
Yさんが独立の道を選んだのは、そして、私が起業したのは、各々正にこれだ。
生き方が同じであることは、お互いをより近づけ、触発し合うものだ。

実物の(笑)Yさんは、心身共にお若く、強い芯を持った、明晰で、思いやりに長けた方だった。
そんなYさんからお土産として頂戴したじゃんがら(※実物は添付画像を参照)は、殊の外美味しく感じた。

Yさんは次のように言った。
「後悔しないように生きる姿を子供に見せたい」。
Yさんは素晴らしいビジネスマンであると同時に、素晴らしい父親だ。
Yさんを父親に持つお嬢さんは、お嬢さん冥利に尽きよう。(笑)

私は、Yさんの公私に渡るご成功を願って止まない。



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要(筆者と会社)年別投稿記事/2006年

この記事へのトラックバックURL