2005年11月17日

ナカシマ苑の絶品ホルモンを食らうの巻

horumonNさん曰く、「(一度食べたら)やめられない」焼肉屋のナカシマ苑(兵庫県高砂市)へ行った。
Nさんの言葉は正に真実であった。
いやぁ、ホント美味かった!
どの肉も美味かったが、とりわけ印象に残ったのは看板メニューのホルモン!
私は、これほどまでに美味しいホルモンを食べたことはない。
甘みがあって、口の中でとろける感じで・・・うまく言葉になりません。(礼・笑)

店内の雰囲気は、極めて家族的。
どうやら、スタッフは親類だけ(※三人姉妹?)の様子。
下町生まれの私にとって、彼女たちの心遣い、愛想、愛嬌はいずれもgood。

価格は、ビールを二杯飲んで、二人で約六千円。
コストパフォーマンスは非常に高い。
姫路へ再訪した折は、何としてでもこの絶品ホルモンをまた食べたいものだ。
(※お招きくださったTさんは、「奥さまと再訪したい!」、とのこと。笑)

問題は、店の場所。
道路に面していないので、店の前を通り過ぎる可能性が大なのだ。(汗)
私は、目印の看板(↓)を一生忘れないよう決意した。(笑)


kanban

90196a2e.JPG



▼その他記事検索
カスタム検索

トップページご挨拶会社概要(筆者と会社)年別投稿記事/2005年

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
3
特においしい焼肉屋ではないと感じる。
あくまでも私の評価なので、自分の舌で評価して欲しい。
・ホルモンは美味いが、脂っこい。数は食べられない。
・ユッケ。ごく普通。格別うまいとも思わない。
・クッパ。美味いがご飯が少ない。ゴマ油が多すぎる。
・骨付きカルビ。ごく普通。どちらかといえばまずい。
・塩タン。臭い。まずい。
・ロース。普通。格別美味くも無い。

値段。特別安く感じない。高く感じた。

ともかく、ホルモンをご賞味あれ。
Posted by ABC at 2007年07月11日 21:29